OPP袋の魅力|信頼できる印刷会社の選び方を解決【OPP袋の魅力なども分析】

OPP袋をDM用に活用すれば顧客満足度が上がる!

OPP袋の魅力

袋

中身が一目で分かる

OPP袋は多くの企業が利用しています。OPP袋を利用するメリットは、中身が一目で分かるという点が挙げられます。一般的な封筒と違って、中身が外から見えるのでお客様からしたら安心して開封することができます。あらかじめ内容が分かるように、OPP袋を使ってDMを送ることで、開封率を上げることができるとされています。ここで注意しておくことが、中身が見えるが故に、見えるものは高品質のものが要求されるということです。ただ単にOPP袋を使えば良いというわけでは無く、中身のクオリティも大切です。お客様の立場に立って郵送すると良いでしょう。

OPP袋の特徴

また、OPP袋は防水性と防汚性があります。天候に左右されずに郵送することができるので便利なアイテムです。企業のDM用として活用されていますが、DMの封入物が濡れていたり、汚れていたりしたらお客様は不快に思います。それは、企業のイメージダウンにも繋がりますので、郵送という些細な作業でも、OPP袋を活用するなどしてしっかりと配慮することが大切です。そうすれば、顧客満足度の上昇にも繋がります。

コストを削減できる

OPP袋はコストを抑えることができるメリットもあります。紙封筒で郵送するよりも、OPP袋へ封入してメール便で郵送することでコストを抑えることができます。また、封入作業も楽なので時間的コストも削減することができます。テープと折れ線が付いているので、利便性に優れています。資金と時間のコストを抑えられることは企業にとってメリットだと言えるでしょう。